Tシャツを再利用!タンクトップを作ろう!

Tシャツを再利用!タンクトップを作ろう!

要らないTシャツを用意しよう

だいぶ暑くなってきて、そろそろタンクトップの購入を考える時期ではないでしょうか?

その辺で売っているタンクトップは安いですが、クロノスやNikeなどは格好いいけど高いですよね。

自分の場合は好みのデザインのタンクトップが見つからないのでTシャツを使用してタンクトップを作ることが多いです。

自分はボディコンバットのインストラクターでもあるのでスタジオレッスンの時はReebokを着用していますが筋トレの時は自作のタンクトップを着ています。

今回はTシャツを再利用してタンクトップの作り方を紹介します。

用意するのはハサミとTシャツのみで所要時間は約5分ぐらいです。

切る位置を決める

まず、着なくなったヨレヨレのTシャツを用意します。(10-FEETのTシャツが勿体ない気がしますが・・・)

用意したTシャツを切る位置を決めます。

肩の縫い目から指2本分に切り込みを入れました。

そして脇の下の縫い目から同じように指2本分の所に切り込みを入れます。

今回は指2本分の位置から切れ込みを入れましたが、指の太さやシルエットの好みによって指の本数を増やして構いませんし、定規で計ってもいいでしょう。

この段階で仕上がり度が変わってきます。

実際に袖を切っていく

肩の切り込みと脇の下の切り込みつないで扇状に切っていく作業になります。

自分は切り込みから切り込みまでを爪を立ててなぞると跡が付くので跡に沿って切っていきます。

心配な人は鉛筆などを使用して下書きするのも失敗するリスクが下がるのでやってみた方が良いですね。

実際に切っていくのですが多少ガタガタになっても気にしなくてもいいです。

Tシャツは内側に少し丸まっていくので切り口がガタガタになっても目立たなくなるのでそのままほっといても大丈夫です。

どうしても気になるようでしたら後で修正しましょう。

また、上記に書いたように内側に丸まっていくので切りっぱなしでも問題ありません。

片側が切り終えたら反対側も同じように出来るだけ左右対称になるように切っていきましょう。

首回りも切っていく

これでタンクトップは完成ですが、首回りがヨレヨレが嫌なので首回りも切っていきます。

縫い目に沿って縫い目を切らず丁寧に切っていくだけです。

要するにヨレヨレの部分を切り落とす作業です。

この作業をすると首回りがスッキリして肌の露出が増えてタンクトップっぽくなります。

これで完成になります。

さいごに

いかがでしたか?

口頭でも書きましたが、有名なフィジーク選手が着ているような格好いいタンクトップ高いしすぐに売れてしまいます。

スポーツ用品店で売っているのは好みではないので好きなデザインのTシャツを切って自作するのが一番早いし安くつきます。

今回みたいにヨレヨレのTシャツを再利用したり、飽きてしまって着なくなったTシャツを再利用したらまた好きになるかもしれませんので試してしてみてください。

また、自作した物は愛着が湧くのでトレーニングのモチベーション向上にもなるので継続しやすくなるという利点もあります。

筋トレを継続させる方法

トレーニング用にしなくてもこれからの季節は家着にしてもいいし、エコなので試してもらいたいです。

決して難しいことではありませんが、初めて実践するなら失敗しても良いようなTシャツで試すのも良いでしょう。

タンクトップだけならマイプロテインからも安く買えるので見てみてください。

マイプロテインって何?

格好いい身体を目指して。