inバーのプロテインバー ベイクドチョコレートがリニューアルされたのでレビューします。

inバーのプロテインバー ベイクドチョコレートがリニューアルされたのでレビューします。

リニューアルされたプロテインバー

こんにちは!dykiです。

先日、コンビニでinバーのプロテインバーを何も考えずに購入した時のこと。

ふとパッケージを見たらたんぱく質が15gに変わっている事に気付きました。

どうやら知らない間にリニューアルされたようです。

それもそのはず、一本満足バーのプロテインバーが発売されてから、一本満足バーかマツキヨのプロテインバーしか食べていなかったのですから。

以前のベイクドチョコレートはたんぱく質が10gしかなかったのに値段も一本満足バーより高かったので必然的に一本満足バーを買っていました。

今回のリニューアルにより値段は変わらず163円(税込み)ですがマクロ栄養素や食感も変わっていますのでレビューしていきます。

マクロ栄養素

1本満足バーのヨーグルトのマクロ栄養素と比較してみます。

inバー ベイクドチョコレート

  • エネルギー:209kcal
  • たんぱく質:15.9g
  • 脂質:11.1g
  • 炭水化物:12.1g(糖質:10.6g 食物繊維:1.5g)
  • 食塩相当:0.14g~0.49g

1本満足バー ヨーグルト味

  • エネルギー:186kcal
  • たんぱく質:15g
  • 脂質:9.4g
  • 炭水化物:10.6g(糖質:10g 食物繊維:0.1g~1.1g)
  • 食塩相当:0.3g~0.6g

若干カロリーが高いのが気になりますがプロテインバーはカロリー、脂質共に高めですからね。

減量の初期なら食べられるって感じですね。

そして驚いたのはたんぱく質が約16g入っているということ。

素晴らしいですね。

まさに企業の努力です。

見た目

実際に袋から出してみたらこんな感じ。

久しぶりすぎて忘れていたのか?以前とは少し違う気がした。

何となく以前の方が美味しそうに見えました。

パッケージの写真と実際の物とは見た目が違う印象で、形が綺麗に整い過ぎている印象なので工場の流れ作業で出来た感じがしてしまいます。

表面が少し凸凹していたら良いですね。

実食

リニューアルされてから食感がだいぶ変わりました。

以前の物は柔らかいものの、少しネチャっとしていて噛み応えがあるのが印象でした。

今回のは口の中で溶けるような感じです。

駄菓子の「ぷくたい」をイメージしてもらったら分かりやすいです。

そして非常に柔らかいのです。顎に力は全く必要ありません。

一本満足バーの唯一の欠点が硬いところですがinバーは硬い商品がないのが良いですね。誰でも食べれるようになっています。

味はミルクチョコレートって感じで、とても食べやすく美味しいです。メーカーが森永なので不味いわけがないですね。

コンビニでコーヒーと一緒に買って、飲みながら食べたら良く合いました。

さいごに

いかがでしたか?

今回はinバーのプロテインバーをレビューさせていただきました。

このシリーズはたんぱく質が10g前後ってイメージしていたので15gの商品が出ると思っていませんでした。

今回はベイクドチョコレートでしたが、もしかしたら他の商品も次々とリニューアルされるかもしれませんね!

そんな淡い期待を抱いています。

実際に一本満足バーやマツキヨのプロテインバーのたんぱく質量が15gなので、リニューアルしないと、たんぱく質量の差で売れないと思います。

筋トレユーザーはこういうマクロ栄養素をしっかり見ていますよw

なので今回のリニューアルは成功だと思っていて、とても美味しく食べれました。

強いて言えばもう少しカロリーを低ければダイエットしている人にもオススメしていますが、少し高いのでオススメは難しいですね。

バルクアップ中の人には勿論オススメです。

これからもinバーのプロテインバーには進化をし続けて欲しいですね。

今回の商品は勿論ローテーションの中に入れさせていただきます。

格好いい体を目指して。

㏌バー ベイクドチョコ↓↓↓

一本満足バー↓↓↓