筋トレ

1/10ページ

ベンチプレスの注意点 怪我防止対策

ベンチプレスの危険な所 現在、働いているジムはスミスマシンしか置いてなくパワーラックやベンチプレスラックは置いてありません。 ですのでずっとスミスマシンでベンチプレスを行なっていました。 そして6月に別のジムを入会してそのジムでベンチプレスを行いましたがかなり下手になっていました。 正確に言うと適切な重量を知らずに行っていてメチャクチャなフォームで行っていたことに気付いたのです。 スミスマシンに慣 […]

Tシャツを再利用!タンクトップを作ろう!

要らないTシャツを用意しよう だいぶ暑くなってきて、そろそろタンクトップの購入を考える時期ではないでしょうか? その辺で売っているタンクトップは安いですが、クロノスやNikeなどは格好いいけど高いですよね。 自分の場合は好みのデザインのタンクトップが見つからないのでTシャツを使用してタンクトップを作ることが多いです。 自分はボディコンバットのインストラクターでもあるのでスタジオレッスンの時はRee […]

筋トレでやってはいけないこと!5選!

  • 2020.05.25

やらない方がいいこと これから紹介することは初心者の方に多く、知らない間にやってしまっている人がかなり多いです。 そして身体が変わらない理由に繋がってしまいます。 これは直ぐに改善出来る事なので今日から実践して欲しいです。 今回、紹介したいことはこちらです。 極端に可動域が狭い 軽すぎる重量を扱う 重すぎる重量を扱う レップ中にしんどくなったら止める 筋トレをしたり、しなかったりする この5選にな […]

筋トレは何故10回3セットが良いとされているのか?

10回3セットの理由 筋トレしている人は10回3セット行うと効果的と聞いたことあるでしょう。それぐらいメジャーになっていて当たり前のように実践されてるんじゃないでしょうか? 知らない人は参考にしてみてください↓↓↓ じゃあ、何故10回3セットなのか? 筋肥大を目的とするなら、週3回のトレーニングを行い1週間で合計10セット前後を行うことが一番効果的だということだそうです。 最近まで自分は何故?と質 […]

ストレッチの基本!

ストレッチの種類 ストレッチは大きく分けて動的ストレッチと静的ストレッチの2種類があります。 一般的にストレッチというと静的ストレッチが一般的でみんなが思いつくことでしょう。 そんなストレッチについてですが、筋トレの前には関節を回す程度で良いです。 念入りにストレッチをしてしまうと筋肉がやわらかくなり可動域が広くなります。 可動域が広くなるってことはいつも以上に可動域を広くすることを意識して筋トレ […]

重量の選び方のコツ

筋肥大を目指すなら高重量を扱おう 自分のブログを読んでくださったり、他で筋トレの勉強している人は分かっていると思いますが筋肥大は高重量を扱うことが重要です。 口酸っぱくして言っていますね。 ですが、重量の設定ってどうすればいいのか分からない人もいると思うので詳しく説明していきます。

ボディメイクを成功する人の特徴!!

  • 2020.05.13

ポジティブな人 日々、トレーニングや食事制限されて頑張っているでしょうけど、なかなか身体は変化しないので嫌になっていませんか? 今回はボディメイクに成功している人の共通点を書いていきます。 非常に簡単です。 筋肥大に成功している人やダイエットに成功している人と失敗している人の違いがあります。 成功している人はポジティブなのです。 なかなかピンとこないかもしれないので詳しく説明していきます。

ボディメイクを成功させるコツ!

マイルールを作ろう 自分のブログを読んでいる方は日々、理想の体型を目指して頑張っているでしょう! ですが結果がなかなか結果が出ないと、せっかく食事制限をしたり、トレーニングを継続してもサボりだしたりしませんか? ボディメイクは継続が必要です。 継続は出来ても自分に甘えてしまうと意味がありませんので自分が推奨していることはマイルールを作ることです。 そしてそのルールを必ず守る必要があります。 一つだ […]

空腹の時に筋トレはNG!!

空腹時の筋トレNGの理由 筋トレするにあたってやってはいけないこと、それは空腹時の筋トレ。 これは毎日同じ部位をトレーニングすることと同じぐらいやってはいけません。 過去に筋肥大しない理由の記事にも書きました。 何故、空腹時に筋トレをしてはいけないのか? 結論から書きますと筋肉が成長しないからです。 そう、筋トレをしている意味が無くなってしまうのです。 今回は何故、空腹時に筋トレをいてはいけないの […]

筋肉は裏切らないというけど実は筋肉は簡単に裏切る?

筋肉は裏切る? 去年でしたかね?筋肉は裏切らないというフレーズがトレーニーの間で流行りましたね。 それは確かにそう思います。 ですが、時には筋肉は簡単に裏切ります。 それは何故か? 筋肉を付けるのに正しい知識がないからです。 トレーニング、食事、休養。 この3つがしっかり出来ると筋肉は裏切らないのです。 その3つに対して詳しく説明していきます。

1 10