腹筋を鍛える最強の器具!腹筋ローラー

スポンサーリンク

腹筋ローラーとは?

こんにちは!インフトラクターのdykiです。

腹筋を鍛える時は何の種目をやっていますか?クランチ?レッグレイズ?

自分がオススメするのは腹筋ローラーです!

アブローラーとも言いますね。

腹筋ローラーは左右にハンドルが付いていて、中心にローラーが付いている器具です。

手を伸ばし左右のハンドルを握りながら体を前へ倒していく種目です。

これだけで腹筋を鍛えることが出来ます。

それが腹筋を鍛えるのに一番効果的だと思っています。

腹筋ローラーのメリット

腹筋ローラーのメリットを1つずつ挙げていきます。

効果が最強

腹筋の種目の中で最強だと思っています。

複数の種目を行って鍛えるより、寧ろこれ1つで腹筋のトレーニングはOKです。

数セット行うだけで腹筋崩壊します!

次の日には確実に筋肉痛になるでしょう。

それぐらい効果的です。

低コスト

約1000円ぐらいで売っていて殆どのホームセンターで購入出来ます。

最近ではニトリやDAISOにも売っているのを見かけます。

自分の腹筋ローラー(上記の写真)もホームセンターで購入しました。

高い物もありますが、高い物を選ぶ必要はありません。

効き目は同じなので使えれば良いです。

場所を選ばない

腹筋ローラー1つあればどこでもトレーニング出来ます。

勿論自宅で出来ますし、ジムでも出来ます。

公園でやっている人もいましたw

チンニングと腹筋ローラーのスーパーセットで追い込んでいましたw

なかなかの強者です!

そんな感じで特に場所を選ぶ事なくスペースさえ確保出来ればトレーニング出来ます。

意外に全身運動

メインは腹筋ですが、収縮された全身の筋肉が伸びるので意外にも、他の部位も効果があります。

微々たるものですが、伸びた実感が得る時があります。

デメリット

メリットがあるならデメリットもあります。

床を傷付ける可能性がある

腹筋ローラーのローラー部分には溝があって縦溝と横の溝があります。

横の溝の場合、床に傷をつける可能性がありますので一応ヨガマットを敷いて行うことをオススメします。

因みに自分の腹筋ローラーが横の溝になります。

参考程度に!

腰を痛める

実際に自分も腰を痛めた経験があります。

フォームがしっかり出来ていないと腰を痛めるし、腰が痛いと言う声を良く聞きます。

お客様からも相談されフォームの改善を何人かにした事があります。

腰は大事なので痛める前にしっかりとフォームを学んで欲しいです。

説明書に書いてあれば良いんですけどね。

次はそのフォームについて書いていきます。

やり方とフォーム

膝を床に着けて行うやり方、膝コロ(名前はYouTubeで知った)と立った状態で膝を床に着けないで、つま先を床に着けて行うやり方、立ちコロ(これもYouTubeで知った)の2種類が存在します。

腹筋ローラーのやり方をまとめてみました。

  1. 両手でグリップを握り腕を固定
  2. 立ちコロや膝コロ好きなやり方で構えの姿勢になる
  3. 腕や足を使わずに体幹(腹筋)を意識して行ける所までローラーを前に押し出していく
  4. 腰は最後に下ろしていく
  5. 腕や足を使わずに体幹(腹筋)を意識してスタート地点まで戻す

3の腕や足を使わないで腹筋だけで身体を動かすイメージです。

たまに腕を前後に動かす人がいますが、それだと腹筋に負荷が掛からなくなってらしまうので、せっかくのトレーニングが勿体ないです。

4の腰を最後に下ろしていくのがかなり重要になります。

腰を最初に下ろしていくと、腰が反った状態になるので腰を痛めてしまうのです。

最後に腰を下ろすというのは横から見たら「への字」の状態になるのが理想です。

腰を痛めてしまう人や腹筋に効果がないと言う人は上記を踏まえて試してみて下さい。

さいごに

いかがでしたか?

腹筋ローラーだけで腹直筋や腹斜筋も鍛えられます。

腹筋で有名なYouTuberのサイヤマングレートやマッスルグリルの薊さんも腹筋ローラーで腹筋を鍛えています。

それぐらい効果がありますので是非取り入れて欲しい種目です。

始めは立ちコロがなかなか出来ないと思いますので膝コロから始めるのがいいと思います。

決して無理だけはしないで下さいね。

格好いい身体を目指して。

コメント

タイトルとURLをコピーしました