女性必見!くびれの作り方

くびれの作り方

誰もが分かると思いますが、まずお腹の脂肪を落とす必要があります。

脂肪を落とさない限りくびれは作れません。

考えなくても分かりますよねw

他にも重要なことが事も書いていきますので最後までお付き合いお願いいたします。

 

腹筋の筋トレより大事な筋トレ

それは足トレです。

何故かと言いますと、足を鍛えることにより、お尻と太ももが引き締まり、大きくなることでくびれを強調されるからです。

筋トレ先進国のアメリカは女性達も当たり前のように筋トレをしていて、スクワットなどの足トレを行うそうです。

だからお尻がキュッと上がっている人が多いのです。

足も大切ですが胸や背中も鍛えよう

下半身を大きくすることによりくびれが目立つようになる理屈は理解して頂けたでしょうか?

下半身のトレーニングをするだけでは完璧とは言えません。

胸や背中を鍛えて上半身を鍛えて大きくすることで更にくびれが強調されます。

 胸の筋トレ方法

  • ベンチプレス
  • ダンベルフライ
  • チェストプレス
  • プッシュアップ(腕立て伏せ)

などがあります。

背中の筋トレ方法

  • デッドリフト
  • バーベルローイング
  • ラットプルダウン
  • シーテッドロー
  • ローロー
  • チンニング(懸垂)

などがあります。

筋トレ方法は後日、部位ごとに説明します。

始めは出来る範囲でプッシュアップ(腕立て伏せ)やチンニング(懸垂)などから初めてもいいです。

自分なりに楽しめたらOKです。

楽しめるようになったら通い始めて本格的に鍛えてもいいと思いますので、まずは継続出来るように楽しむ事が大切です!

腹筋はあまり鍛えなくていい

腹筋を一生懸命鍛えている人をよく見かけますが、そこまで鍛える必要はありません。

むしろ鍛えすぎない方がいいです。

腹筋を鍛えすぎると腹筋が大きくなるのでくびれが目立たなくなり寸胴体型になりかねないので、最低限の筋トレで大丈夫です。

腹筋を鍛える体力があるなら下半身や上半身のトレーニングに力を入れることをオススメします。

 まとめ

最後に話しをまとめると、まずはダイエットでお腹周りの脂肪を落とす事が必須です。

下半身の足とお尻を鍛えて筋肉を大きくします。

上半身の背中と胸を鍛えて大きい筋肉を鍛えて筋肉を大きくする。

そして腹筋は最低限のトレーニングで良い。

そしたらくびれは完成です。

共に格好いい身体を目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました