チートデイとは一体なんなの?

スポンサーリンク

チートデイとは?

減量中に停滞期ということが起こります。

食事制限により、そのカロリーに身体が慣れてしまい基礎代謝が下がることにより体重が下がらなくなってしまうので、しっかり食べて(チートデイを設けて)基礎代謝を元に戻してあげることです。

チートデイについて詳しく説明していきます。

 

停滞期

上記に簡単な説明しましたが減量中は常に消費カロリー>摂取カロリーの状態になります。

その為少しずつ体重や体脂肪が減っていき、脳が身体の異常と勝手に判断し低燃費モード(基礎代謝を下げる)に切り替わるのです。

それが停滞期です。

自分の経験上、停滞期は2~3週間続きます。

その期間はメンタルが凄いやられてしまいますw

チートデイ

停滞期を打破させるのがチートデイです。

チートは騙すという意味らしく、脳を騙す日ということらしいです。

 意見は様々で好きなものを好きなだけ食べても良いって言う人もいれば、PFCバランスとカロリーを考慮した上で食べるって人がいるので、一概にも言えずチートデイに関しては化学での証明が曖昧なのです。

前者と後者の意見を取り入れて減量初期は好きなものを好きなだけ食べて、減量末期の場合は後者のPFCバランスとカロリーを考慮した上で好きな物を食べるのがいいです。

自分も停滞期の時に好きな物を好きなだけ食べたら停滞期から抜け出した経験があります。

バランスの良い食事をしているなら意味が無い

しっかりとPFCバランスを計算した上で食事制限をしているなら停滞期が来ることが殆どないのでチートデイを設ける必要がありません。

それでも停滞期が来て2週間ほど体重の変動が無ければチートデイを設けてもいいでしょう。

 停滞期かどうかしっかり見極めよう

減量したことがあるなら分かると思いますが、体重や体脂肪は上がったり下がったりの繰り返しで少しずつ体重と体脂肪が落ちていきます。

簡単には落ちないのでカロリー計算をしっかり見直して最低でも1週間でも様子を見る必要がありますので、少し落ちないだけで停滞期だと勘違いしない方がいいです。

減量は結構な根気が必要です。

ストレス解消の効果

減量中はどうしても食べれる物が制限されてしまいます。

飲み会や友人との付き合いなどを断る場合や時には食事について行っても自分だけ我慢することもあるでしょう。

そういうストレスを発散するためにチートデイを設けるのもいいです。

気をつけること

チートデイを設けることにより、その後減量を我慢できなくなり食べる癖がついてしまうことがあるので気をつけなければいけません。

なので極度なアンダーカロリーは避けて少しずつ体重を落とすことと、長期の目標を立てて下さい。

失敗するとリバウンドしてしまい後悔することになります。

まとめ

減量は我慢するより低カロリーを沢山食べた方がストレスが少なくなりますので以前紹介したダイエット食を参考にしてみて下さい。

また、自分に甘えてチートデイばかり設けても意味がないし、はっきり言いますがそういう人は減量は出来ないでしょう。

正しい知識が分かれば減量は簡単です。

誰でもできます。

共に格好いい身体を目指して。

コメント

タイトルとURLをコピーしました